top 〒607-8169
京都府京都市山科区椥辻西浦町1-13
075(502)9500(代)
  サイトマップ よくある質問 地図 プライバシー・ポリシー お問い合わせ
学校案内 各課紹介 3年課程カリキュラム キャンパスライフ 図書室 Link
  学校の概要 教育理念・教育目標 学校の沿革 校舎案内
 
助産学科及び看護学科2年課程が専門実践教育訓練給付制度の講座として指定を受けました
情報公開
自己点検・自己評価
募集要項はこちら
資料請求はこちら
オープンキャンパス
卒業生・在校生メッセージ
授業の紹介
学校の取り組み
奨学金を希望される方へ
このページをご覧になるためには、
Flash playerが必要です。
PDFをご覧になるためには、
Adobe Readerが必要です。
  校長挨拶
 

新時代の看護師育成をめざして

   大正9年(1920年)創立の輝かしい歴史と伝統をもつ本校は、「助産学科」「看護学科3年課程」「看護学科2年課程」「准看護科」の4つのコースを設置して、看護教育の充実を図っています。その結果、これまで多くの素晴らしい先輩が卒業し、使命感とその技術力、看護の心でもって医療現場で活躍され、社会的貢献が大きく評価されています。そしてナイチンゲール誓詞にも示されているように『わが手に託されたる人々の幸のために』として全ての人のために日夜努力されています。
 看護の道をめざされる皆さんは、本校に入学され、看護に関する専門的知識・技量を高め、社会性や人間性を深めて素晴らしい看護師になっていただくことを期待しています。そのため、講義、実習・実践などで看護の技量を磨き、また様々な学校行事、キャンパスライフをとおして人間力を高めていただきたいと考えます。
 同時に、歴史と伝統を基に新しい時代に対応した本校で、明るく元気に活躍し、これからの社会を担う看護師として歩まれることを願っています。


校長 松井 道宣
このページトップへ
トップページへ

Copyright(c)京都府医師会看護専門学校 All Rights Reserved.