トップページへ 〒607-8169
京都府京都市山科区椥辻西浦町1-13
075(502)9500(代)
  サイトマップ よくある質問 地図 プライバシー・ポリシー お問い合わせ
学校案内 各課紹介 3年課程カリキュラム キャンパスライフ 図書室 Link
助産学科及び看護学科2年課程が専門実践教育訓練給付制度の講座として指定を受けました
情報公開
自己点検・自己評価
募集要項はこちら
資料請求はこちら
オープンキャンパス
卒業生・在校生メッセージ
授業の紹介
学校の取り組み
奨学金を希望される方へ
このページをご覧になるためには、
Flash playerが必要です。
PDFをご覧になるためには、
Adobe Readerが必要です。

2016年 8月

◆卒業からどうしてる? カムバックスクール

平成28年8月5日(金)平成28年度カムバックスクールを開催しました。

<第一部>
徳山晴子先生をお招きして 「認定看護師への道−訪問看護に ついて- 」の講演を聴きました。

<第二部>
懐かしい顔が集まって、各課程での茶話会です。

◆〜 看護学科2年課程 21期生 ケーススタディ発表会 〜

2016年8月31日 京都府医師会看護専門学校にてケーススタディの発表会がおこなわれました。

5月から始まった領域実習の実践から得た看護の学びを、患者さんの同意を得て1人1人が抄録集にまとめ、発表しました。臨地実習でお世話になった指導者さん、後輩の22期生が聴講に来て下さいました。



緊張の中、発表しました。質疑応答、討論もじっくり行い、学びを深めました。

ケーススタディの発表から、私は看護とは、患者の全体像を早期にとらえ、個別性に合った援助が大切であると学びました。また、どのケーススタディの発表からも、患者さんの思いに寄り添い、患者さんを理解しようとする看護学生の姿が伝わってきました。

さまざまな疾患や援助の実施を聴講し、今まで受け持った患者さんに適切な援助ができただろうか?と思いました。またこれから出会う受持ち患者さんへの援助のイメージや希望が見え、私自身にとってとても大きな学びになりました。

聴講に出席して下さった実習病院の指導者様からの講評は、とても温かい言葉で、励まされました。そして看護への理解が深まりました。

実習病院ならびに指導者様に深く感謝いたしますとともに今後も勉学に励み後半の実習でも成長していきたいと思います

ありがとうございました。

21期生 曾根田 節子

このページトップへ
トップページへ

Copyright(c)京都府医師会看護専門学校 All Rights Reserved.