トップページへ 〒607-8169
京都府京都市山科区椥辻西浦町1-13
075(502)9500(代)
  サイトマップ よくある質問 地図 プライバシー・ポリシー お問い合わせ
学校案内 各課紹介 3年課程カリキュラム キャンパスライフ 図書室 Link
助産学科及び看護学科2年課程が専門実践教育訓練給付制度の講座として指定を受けました
情報公開
自己点検・自己評価
募集要項はこちら
資料請求はこちら
オープンキャンパス
卒業生・在校生メッセージ
授業の紹介
学校の取り組み
奨学金を希望される方へ
このページをご覧になるためには、
Flash playerが必要です。
PDFをご覧になるためには、
Adobe Readerが必要です。

2018年 6月

◆平成30年度 第1回学校研修会

講師
テルモ株式会社 取締役顧問
松村啓史先生

テーマ
「ナイチンゲール・ドラッガー・クリステンセンに学ぶ看護イノベーション、あなたも組織も元気になれる 今日からできるアイデア満載」

◆3年課程 サル山

総合人間学の授業で、嵐山のモンキーパークに行きました。猿の観察や講義を通して、学生たちは猿の身体的な特徴や社会性についての学びを深めました。暑い日差しの中でしたが、真剣に学習に取り組むことができました。

◆3年課程 看護の日の取り組み

 2年生は、看護の魅力を再認識し、将来のキャリアデザインや後期からの実習に向けて役立つように各グループで取り組んだ内容を発表しました。 
2年生の看護学方法論の授業では、認定看護師が講師として授業していただける機会が多く、その認定看護師への道や役割などを調べ情報共有しました。また、AEDマップとその使用方法や嚥下困難食、ADL援助方法など対象の立場にたって体験した内容を発表しました。

◆3年課程 セラピードッグ

老年看護学方法論Tの授業で、高齢者の生死観を考えました。

その中でアニマルセラピーの紹介がありました。「動物との触れ合いで人の心を癒す」ことを学生自ら体験しました。犬が苦手な人もそうでない人も犬と触れ合うと自然に笑顔になりました。人ではできないことを動物がしてくれることがあると知りました。

◆3年課程 洛東高校

洛東高校プログレスコース医療科学系から男女合わせて18名が来校されました。

姿勢と体位変換の実習を行いました。自分たちで友達の身体を動かしてもらった後に、看護技術を用いて少しの力で人の身体が動くことを体験してもらいました。どの生徒さんも真面目に真剣に取り組まれていました。

◆2年課程 洛東高校 在宅看護授業

◆准看護科 准看護師学校3校交流会

日時:平成30年6月11日(月)
場所:京都府医師会館

目標:看護の対象が生活する場である京都を3校合同のグル−プで行動し、グル−プ活動を通して交流を深め学びの共有を図る

内容:

資料が早く出来上がったグループは、余った時間でお互いの学校生活の情報交換をしていました。
みんな仲良くなり、絶対、准看護師になって、いつか職場で再会する日を目指し、共に頑張ろうと団結するグループもいました。

左の写真は、発表資料の1つです。
学びの内容のまとめ方は、それぞれのグループの思いが、相手にわかりやすく伝わるように工夫されていました。
同じ目標をもつ学校間の学生の交流、「楽しかった」という学生の声を多く聞くことができました。

◆助産学科 演習風景

<助産診断・技術学II 分娩介助技術演習>

4月の入学と同時に、助産師になるために必要な専門分野の授業が始まります。同時に様々な助産技術演習も開始となり、いよいよ5月中旬からは分娩介助演習が始まり、7月まで毎日練習が行われます。
女性やその家族にとって安全、安楽なお産となりますように!!  強い思いを胸に、日々努力を重ね、前向きに頑張っています。

<助産診断・技術学III 産褥期>

母乳育児を支援するために必要な技術として、乳房管理の実際、授乳介助の方法について学びました。赤ちゃん人形を抱っこして授乳するお母さん役の学生を、助産師役の学生が笑顔でサポートしています。
また、学生同士ペアを組み、交互にマッサージを行います。産後のお母さんの体に触れ、お母さんの体や心から聞こえる声に耳を傾けることの大切さを学ぶとともに、心身ともに安心して育児を行うことを支援するために必要な技術を習得していきます。

このページトップへ
トップページへ

Copyright(c)京都府医師会看護専門学校 All Rights Reserved.