トップページへ 〒607-8169
京都府京都市山科区椥辻西浦町1-13
075(502)9500(代)
  サイトマップ よくある質問 地図 プライバシー・ポリシー お問い合わせ
学校案内 各課紹介 3年課程カリキュラム キャンパスライフ 図書室 Link
助産学科及び看護学科2年課程が専門実践教育訓練給付制度の講座として指定を受けました
情報公開
自己点検・自己評価
募集要項はこちら
資料請求はこちら
オープンキャンパス
卒業生・在校生メッセージ
授業の紹介
学校の取り組み
奨学金を希望される方へ
このページをご覧になるためには、
Flash playerが必要です。
PDFをご覧になるためには、
Adobe Readerが必要です。

2018年 7月

◆第1回オープンキャンパス

◆2年課程のある日の授業風景

◆3年課程 ケーススタディ発表

7月26日・27日 ケーススタディ発表に取り組みました!

3年生は、卒業研究の一環として、2年次の基礎看護学実習U・成人看護学実習Tの何れかで取り組んだ看護援助の実際を、看護理論を用いて事例研究としてまとめ、自己の看護を振り返ります。また、他の学生の学びを通して後半実習に向けての糧にしていきます。下級生も聴講し、なりたい自分のイメージを膨らませていける貴重な機会になっています。

◆助産学科 授業風景

<助産学概論 大原神社 産屋見学>

綾部市と京丹波町を境にする福知山市大原の地、そこには古より出産の無事を祈り、子供の無事成長を祈ってきた聖地、安産の神として崇敬を集めてきた「大原神社」と「大原の産屋」があります。 大原の産屋は茅葺、切妻屋根、それをそのまま地面に伏せたような天地根元造という古い建築様式で造られ、神話の世界を思い起こすような佇まいです。出産の折、十二把のワラ(閏年は十三把)を持ち込み、出入口に魔除けとして古鎌を吊り、七日籠って出産していました。この習俗は大正年間まで続き、また、産後三日三夜籠る習慣は昭和23年頃まで続いていました。現在は利用されなくなりましたが、 産後に身体を休めた安息の場所であるこの産屋を地元では大切に守っています。
http://www.ubuyanosato.jp/intro/ubuya/ より)

助産学科では、助産学概論の授業の一環として、毎年夏に「大原神社」と「大原の産屋」にお伺いしています。大原神社の宮司さまより産育の歴史についてのお話を聞かせていただきます。民俗学では、血または出産そのものがケガレとしてとられ、産屋は女性が出産の際に大量の出血を伴うため、そのケガレを避けるために妊産婦さんを隔離するものであるということが通説となっているそうです。しかし、奈良時代初期に書かれた「古事記」「日本初期」には神々が出産する際に産屋を設けており、産屋はケガレ以前の純粋なる生命誕生の場であったとのことです。大原の産屋についても、古くから産屋の中の砂を安産の守り砂(子安の砂)として授与されており、出産の無事を願い、母親と子供の命の尊さを崇める場所であったことがわかります。「お産は神々がなす技。産屋はあの世からこの世へのよみがえり、命を授かる場である」という宮司さまの言葉が、母児の命に関わらせていただく私たちの心に強く響きました。

大原神社では、これからたくさんの産婦さん赤ちゃんとの素晴らしい出会いがありますように。 これから出会うすべての女性の安産と20人全員助産師国家試験合格を心から願いました。

大原神社にはきれいなハスの花が咲いていました。 ハスの花は泥水のおかげできれいな大きな花を咲かせます。

◆就職ガイダンス

平成30年度 7月5日(水) 就職ガイダンスを実施いたしました!!
講師は京都府ナースセンター常任理事の林 千鶴子先生 です。

このページトップへ
トップページへ

Copyright(c)京都府医師会看護専門学校 All Rights Reserved.