トップページへ 〒607-8169
京都府京都市山科区椥辻西浦町1-13
075(502)9500(代)
  サイトマップ よくある質問 地図 プライバシー・ポリシー お問い合わせ
学校案内 各課紹介 3年課程カリキュラム キャンパスライフ 図書室 Link
  助産課程 看護学科3年課程 看護学科2年課程
 
助産学科及び看護学科2年課程が専門実践教育訓練給付制度の講座として指定を受けました
情報公開
自己点検・自己評価
募集要項はこちら
資料請求はこちら
オープンキャンパス
卒業生・在校生メッセージ
授業の紹介
学校の取り組み
奨学金を希望される方へ
このページをご覧になるためには、
Flash playerが必要です。
PDFをご覧になるためには、
Adobe Readerが必要です。
  卒業生・在校生のメッセージ
  准看護科
 

准看護科卒業生 K.M.さん

 准看護科を卒業後、それまでケアワーカーとして働いていた長岡病院に、准看護師として入職しました。私の所属している認知症病棟では介護の部分が多いですが、一人ひとりの患者様にとって必要な援助を日々実践させていただいております。
 さまざまな認知症症状に対して関わり方の難しさはありますが、個別性に合わせその人らしく、安全・安楽に生活が送れる様心がけています。
 まだまだ知識・技術ともに未熟で毎日が勉強ですが、まわりの同期や先輩方に支えられ今以上に成長していきたいと思います。


 

平成25年3月卒業 M.K.さん

 准看護科を卒業後、京都武田病院に就職し2か月が経ちました。
 私が配属された急性期病棟では、呼吸器・消化器・整形外科などの疾患をもった患者様が入院されています。たくさんの患者様を看させていただくなかで状態把握を行い、どんな援助が必要なのかを考え実践させてもらっています。まだまだ知識が少なく、技術も未熟で毎日が勉強ですが、先輩方にやさしくアドバイスをしていただきながら知識や技術を深めています。
 在学中は先生方にサポートしていただき、友人たちと励まし合うことで厳しい中でも楽しい学校生活を送ることができました。卒業後も学校時代の仲間と近況報告をしあうことがお互いの活力となっています。
 これからも自分の知識を深め、安全で確実な技術を習得し、患者様一人一人をしっかりと看護できるように日々成長していきたいと思います。


 

准看護科103回生 I.M.さん

 私は愛生会山科病院に就職し、内科の急性期病棟に配属され4ヶ月が経ちました。
所属している病棟は循環器・消化器・脳神経などの幅広い疾患の患者様が入院されています。
一人ひとりの患者様にとって必要な援助を日々実践していく中で、わからないことも多く、悩むこともありますが、 先輩方が一緒に悩み考えて下さることで、自分に無い知識を得ることや、視野を広げていくことができています。
 在学中は、いつも傍で支えて下さった先生方、同じ目標へと向かうクラスメイトと共に励まし合い、 高め合いながら厳しい実習を乗り越えることができました。
 これからも、患者様やご家族の方々と多くの関わりを持ち、それぞれの思いを大切に看護へと繋げていけるようになりたいです。 また沢山の患者様の笑顔に出会えるよう、自分自身も笑顔を絶やすことなく頑張っていきたいと思います。


 

平成24年3月卒業 R.K.さん

 准看護科を卒業し、宇治武田病院で勤務してから半年が過ぎました。
私が所属している病棟混合病棟で幅広い疾患と年齢層の患者様が入院されています。 先輩看護師にサポートされながら、患者様一人一人に合った看護を目指し頑張っています。 知識や技術に対しても月に1回程度新人研修が設けられ、先輩の腕を借り採血の練習をさせてもらっています。 わからない事も研修の場でゆっくり聞けたり、新人同士で集まれる場としても有難いです。
 在学中は子育てと、学業の両立でかなりハードでしたが、同じ目標と夢を持っているクラスメイトと励まし合い、 又先生方の温かい指導を受けながら、厳しい実習を乗り越えることができました。 そのクラスメイトとは現在も連絡したり、会ったりして、一生涯の宝となっています。
 今後も様々な患者様への看護を行う中で、悩むことも多くあると思いますが、 自分自身の成長と看護観を深めていけるチャンスだと捉え、前向きに進んでいきたいと思います。

このページトップへ
トップページへ

Copyright(c)京都府医師会看護専門学校 All Rights Reserved.