top 〒607-8169
京都府京都市山科区椥辻西浦町1-13
075(502)9500(代)
  サイトマップ よくある質問 地図 プライバシー・ポリシー お問い合わせ
学校案内 3年課程カリキュラム キャンパスライフ 図書室 Link
  課程紹介 助産学科 看護学科3年課程 看護学科2年課程 准看護科
 
助産学科及び看護学科2年課程が専門実践教育訓練給付制度の講座として指定を受けました
情報公開
自己点検・自己評価
募集要項はこちら
資料請求はこちら
オープンキャンパス
卒業生・在校生メッセージ
授業の紹介
学校の取り組み
奨学金を希望される方へ
このページをご覧になるためには、
Flash playerが必要です。
PDFをご覧になるためには、
Adobe Readerが必要です。
  助産学科の特色
本学科は平成21年4月に開設した明るく、自由な雰囲気の学科です。
  看護師の資格を持った人が、1年間の修学で助産師国家試験受験資格及び受胎調節実施指導員申請資格を取得できます。
  全日制の1年コースですので、助産に関する専門分野の学習に専念することができます。
  クラスは20名1クラスでアットホームな雰囲気で過ごすことができます。
  推薦入学制度(学内推薦入学制度、社会人推薦入学制度)もあります。
  助産学科修了後は、研修会、研究指導等で卒業生のサポートをしていきます。
  本学科での1年間は、前期で助産に必要な専門的な知識や技術を学び、その後、約5ヶ月間でその知識、技術を活用しての臨地実習を展開します。実習の中には、高校生を対象にした性教育の展開も含まれています。また、助産学研究では、グループ単位で学内発表した後、学術集会で発表する機会を持ちます。平成24年度は助産学研究でまとめた内容を京都母性衛生学会誌に投稿しました。
  実習施設は、助産院をはじめ、京都市内及び京都府北部で地域密着型病院として機能している施設からNICUを併設し、高度医療を提供している病院と幅広く体験できます。
  巣立った学生たちが卒業後に困った時、悩んだ時、嬉しかった時、どんな時にでも気軽に足を運べる助産学科でありたいと思っています。今年4月の1ヶ月間の来校者数は9人でした。
  安全、安楽で満足のいく質の高い助産サービスの追求
  新しい家族を迎えるということが女性やその家族にとって大切な出来事であることを理解し、安全、安楽で満足のいく質の高い助産サービスを責任もって提供できる助産師を育成していきます。私たちは、「ひとつひとつの出会いを大切に女性のよき理解者として一生を寄り添えるような助産師に育って欲しい」と願っています。
  ある日のスケジュール
 
  在校生の声
 

8期生 N.T.さん「女性とその家族が
  笑顔で退院できるように」

 私は、新しい命が誕生する場面で身近な存在として手助けができる助産師に憧れ、本校の三年課程に入学しました。実習では、助産師さんが優しく寄り添うことで、お母さんは安心し少しずつ自信を持ち、最後には笑顔で退院される姿を見て、お母さんやその家族にとっての助産師の存在の大きさを改めて実感することができました。

 助産学科では、多忙な日々でより専門的な内容に難しさも感じますが、毎日の授業の中では三年課程で学んだ看護の基本に加えて、さらに多方面から学ぶことに楽しさを感じています。お産の状況は人によって違い、出産に対する思いなども違います。そのような場面で、助産師として、“その人”に寄り添い、安心してより良いお産ができるよう手助けをさせて頂き、お母さんとその家族が笑顔で退院できるために役に立てるような助産師を目指していきたいです。その為には、日々勉強を重ね、同じ目標を持つ仲間と支え合い、乗り越え、一年後には8期生揃って助産師になりたいと思います。


 

8期生 Y.H.さん「命を守れる助産師に」

 私は自分が子どもを出産した時に児の状態が悪化したのですが、その時の助産師の方が酸素投与や医師を呼んだり、瞬時にその場の状況を判断し対応してくださったことにより無事に分娩を終えることができ、助産師の存在の大きさに感動しました。それから私は、常に変化し続ける分娩進行を的確に判断し、産婦さんと児にとって安全な出産を支援したいと思い助産師を目指すようになりました。

 入学後は、産科での臨床経験がない為、授業や実習についていけないのではないかと不安を感じていました。しかし、学生の中には現役の人、看護師として臨床経験のある人、子育て中の人、看護師以外の社会人経験のある人など、その経歴はさまざまです。同じ助産師という志を持つもの同士、お互いを支え合いながら日々励んでいます。

 自分が目指す助産師というものは、お母さんと赤ちゃん、そして将来につなげていく命のためにも責任ある仕事です。その分、不安はありますが、この一年でたくさんの知識と技術を身につけて、一人ひとりの産婦さんとその家族に寄り添い命を守れる助産師になりたいです。

このページトップへ
トップページへ

Copyright(c)京都府医師会看護専門学校 All Rights Reserved.