top 〒607-8169
京都府京都市山科区椥辻西浦町1-13
075(502)9500(代)
  サイトマップ よくある質問 地図 プライバシー・ポリシー お問い合わせ
学校案内 3年課程カリキュラム キャンパスライフ 図書室 Link
  課程紹介 助産学科 看護学科3年課程 看護学科2年課程 准看護科
 
助産学科及び看護学科2年課程が専門実践教育訓練給付制度の講座として指定を受けました
情報公開
自己点検・自己評価
募集要項はこちら
資料請求はこちら
オープンキャンパス
卒業生・在校生メッセージ
授業の紹介
学校の取り組み
奨学金を希望される方へ
このページをご覧になるためには、
Flash playerが必要です。
PDFをご覧になるためには、
Adobe Readerが必要です。
  助産学科の特色
本学科は平成21年4月に開設した明るく、自由な雰囲気の学科です。
  看護師の資格を持った人が、1年間の修学で助産師国家試験受験資格及び受胎調節実施指導員申請資格を取得できます。
  全日制の1年コースですので、助産に関する専門分野の学習に専念することができます。
  クラスは20名1クラスでアットホームな雰囲気で過ごすことができます。
  推薦入学制度(学内推薦入学制度、社会人推薦入学制度)もあります。
  助産学科修了後は、研修会、研究指導等で卒業生のサポートをしていきます。
  本学科での1年間は、前期で助産に必要な専門的な知識や技術を学び、その後、約5ヶ月間でその知識、技術を活用しての臨地実習を展開します。実習の中には、高校生を対象にした性教育の展開も含まれています。また、助産学研究では、グループ単位で学内発表した後、学術集会で発表する機会を持ちます。平成24年度は助産学研究でまとめた内容を京都母性衛生学会誌に投稿しました。
  実習施設は、助産院をはじめ、京都市内及び京都府北部で地域密着型病院として機能している施設からNICUを併設し、高度医療を提供している病院と幅広く体験できます。
  巣立った学生たちが卒業後に困った時、悩んだ時、嬉しかった時、どんな時にでも気軽に足を運べる助産学科でありたいと思っています。今年4月の1ヶ月間の来校者数は9人でした。
  安全、安楽で満足のいく質の高い助産サービスの追求
  新しい家族を迎えるということが女性やその家族にとって大切な出来事であることを理解し、安全、安楽で満足のいく質の高い助産サービスを責任もって提供できる助産師を育成していきます。私たちは、「ひとつひとつの出会いを大切に女性のよき理解者として一生を寄り添えるような助産師に育って欲しい」と願っています。
  教員紹介
 
科目名:
家族の心理・社会学

学習内容:
分娩とは、産婦とご家族のものであり、その主体である産婦とご主人にとって満足のいくお産へと導くためには分娩の進行を阻害する因子を取り除き適切なケアを行うことが助産師に求められる。産婦の産む力、産み出す力を信じ、その力をより良く発揮できるように、私たち助産師は、その対象にどの様な援助をすべきか…!
グループワークを中心にケア計画を立案する! → グループごとに発表

これをマスターするとこの先役立つのは:
6月末となり、すでに分娩期の助産診断の授業も終わり、助産に関する机上の学びを終え、この知識と技術を持って8月末から…
助産実習に臨む学生にとって、今一度お産とは誰のためのものであり、お産に対する満足度や満足度の高い分娩が、その後の母子関係や父子関係に与える影響に気付き、実習でのより良い出会い(産婦や家族)につながると共に良き援助者(助産師)になるための足がかりとなる。
  旬な授業リレー!!
 
  受験対策
  Welcome!! 後輩! 〜一緒に夢を叶えよう〜
    これから、准看護師、看護師、助産師を目指しているあなたへ・・・
私たちが受験の時に参考または愛用した問題集や参考書を紹介します。是非とも有効に活用して受験に臨んでください。そして、入学した暁には、看護学や助産学の素晴らしさを感じながら一緒に学び夢を叶えましょう!みんなのこと、お待ちしています!!
 
現役入学者:
看護師国家試験の対策は、早めに取り組むと余裕が持て、受験に集中できました。教科書に授業内容や過去問題で間違った所を書きこむことで自分の弱点を掴めました。(9期生 A.T.)

社会人入学者:
私は、改訂された医学書院の教科書を購入し、重要なところは付箋に書いて勉強しました。試験の前には、その付箋を別のノートに貼って何度も見て覚えていました。(9期生 M.N.)
教員コメント:社会人の方は新しい教科書で関連教科を学習して下さい。

入学してからも学習は続きますが、先ずは受験勉強頑張って!

  ある日の私の1日
 
  ある年の時間割
 
  在校生の声
 

9期生 T.T.さん「毎日が学びの連続」

助産師を目指したのは、女性や家族にとっても大きなライフイベントである『新しい家族を迎える』という、その素晴らしい瞬間を同じ女性の立場から一番近くでサポートしていきたいと思い、この助産学科を志望しました。
助産学科は一年間という短い期間ですが、たくさんの学ぶべきことや習得すべき技術があります。身につけた知識や技術で女性と新生児の命と安全を守っていくことができるように、時間や場に真摯に向き合うことが、何よりも大切だと思います。
命がけでお産をする女性や生まれてくる新生児、家族と向き合う現場であるため、先生方も学生に熱い気持ちで向き合ってくださり、学習面だけでなく、自分自身にも誠実に向き合っていけるように一緒に本気で考えて下さいます。また、先生や講師の方々の話や、仲間との交流を通して助産師を目指す中での、新たな気づきや課題や疑問に直面し探究することで、助産観を築く貴重な時間にもなります。一年間はとても短くあっという間ですが、毎日たくさんのことを学ぶことができ、本当に充実した一年間になると思います。
卒業後は、妊娠期から安全にその人らしいお産ができるように関わり、また安心して親子としてのスタートを切ることができるようにサポートしていける助産師になりたいです。


 

9期生 Y.M.さん「私の手を魔法の手にしたい」

幼い頃、よく祖母に肩もみをしていた。その時にいつも「あんたの手は魔法の手みたいやな、すごい楽になる」と言ってくれていた。そんな言葉を忘れていた頃、この学校に入り、また魔法の手という言葉を耳にした。ある先生が「助産師さんの手は魔法の手みたいなんやで、ピンポイントで痛いところさすってくれたり、触ってもらうだけでなんか楽になる」とお話されていた。その時に「あ、私もそんな手になりたい」と強く思った。魔法の手という言葉の裏には、しっかりとした“根拠のあるケア“が存在する。どんな時にどこが痛くなりやすいのか、その痛みを和らげる方法はどんなものがあるのか、そして目の前にいるお母さんにはどんな方法があうのか。しっかりと学び根拠のあるケアをしていきたい。そのために、日々の学習を丁寧にし力をつけていきたいと思う。
そして、魔法の手というのは技術面だけでないと思う。優しさを忘れない手でありたいと思う。この手が1年後、人の役に立つ手になることができるよう、日々努力していきたい。

このページトップへ
トップページへ

Copyright(c)京都府医師会看護専門学校 All Rights Reserved.