トップページへ 〒607-8169
京都府京都市山科区椥辻西浦町1-13
075(502)9500(代)
  サイトマップ よくある質問 地図 プライバシー・ポリシー お問い合わせ
各課紹介 3年課程カリキュラム キャンパスライフ 図書室 Link
  校長挨拶 学校の概要 学校の沿革 校舎案内
 
助産学科及び看護学科2年課程が専門実践教育訓練給付制度の講座として指定を受けました
情報公開
自己点検・自己評価
募集要項
資料請求はこちら
オープンキャンパス
卒業・在校生メッセージ
授業の紹介
学校の取り組み
奨学金を希望される方へ
このページをご覧になるためには、
Flash playerが必要です。
PDFをご覧になるためには、
Adobe Readerが必要です。
教育理念
  本校は、慈愛・知性・勇気を基盤として教育します。
  慈愛とは、人間愛をさします。
  看護は、対象である人間の健康の維持・増進、回復、安らかな死に向けて自立を促す実践の活動です。そのために生命の尊厳と人権の尊重を基盤として感性豊な人間性を育みます。
  知性とは、看護に必要な知識・技術をいいます。
  科学的な根拠に基づいた判断力・問題解決能力・実践能力を育みます。さらに、専門職業人としての資質向上をめざし、生涯にわたり自己研鑚できる人材を育成します。
  勇気とは、自ら考え責任をもって行動することをいいます。
  専門職業人としての倫理観を備え、誇りを持って地域社会に貢献できる人材を育成します
教育目的
     本校は、教育基本法及び学校教育法に基づき、看護専門課程並びに看護高等課程を設置し、保健師助産師看護師法による助産師、看護師及び准看護師として必要な知識と技術を習得させるとともに、教養の向上と豊かな人格の形成とを図り、地域及び地域の人々の保健・医療・福祉を推進できる人材を養成することを目的とします。
教育目標
  1. 生命の尊厳と人権の尊重を基盤とし、感性豊な人間性を養う。
  2. 人間を総合的にとらえ、幅広く理解する能力を養う。
  3. 人々の健康上の問題を解決するために、科学的な根拠に基づいた判断力・問題解決能力・実践能力を養う。
  4. 看護が実践の学問であることを認識し、安全に看護を提供できる能力を養う。
  5. 専門職業人としての倫理観を備え、社会の要請、地域住民のニーズに応えられる基盤を養う。
  6. 専門職業人としての資質向上を目指し、生涯にわたり自己研鑽する態度を養う。
このページトップへ
トップページへ

Copyright(c)京都府医師会看護専門学校 All Rights Reserved.